Main Image
商品 No. WA-0507
表: 出雲守藤原貞重
裏: --
姿 片切刃造り鎬棟
越前国
時代 江戸初期(元和)
寸法
刃長
1尺 2寸 6分 1厘
38.2 cm
反り
3分 3厘
1 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 平成8年8月7日
登録証
都道府県 高知県
交付日 昭和38年09月03日
詳細情報
杢交じりの板目流れ地景入る
刃文 浅く湾れて小互の目交じり小足入る
彫刻 表:棒樋に連樋、裏:梵字・草の倶利伽羅・蓮華
帽子 乱れて小丸に返る
生ぶ、筋違鑢 入山形
目くぎ孔 2 1個埋め
素銅地斜総鑢金着鎺
説明
出雲守藤原貞重(初代)は江戸時代初期(慶長・元和頃)の越前刀工。康継と同族といわれる。本作は、出雲守貞重の片切刃造脇指。片切刃造りは一方が切刃で多面は平・鎬造りの造り込み。鎌倉末期から南北朝期にかけて一時流行し、長船景光、相州貞宗、高木貞宗等の作を見る。それが桃山時代に再度、埋忠明壽、堀川一門、肥前忠吉、康継(初二代)等が作刀して流行した。両面の造り込みが異なり高い技量が求められる。本作は、黒呂叩き塗刻鞘脇指拵が附された特別保存刀剣。地刃共に頗る健全。愛蔵の一振に加えて頂きたい。
価格   600,000円   購入
 
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
WA-0507
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2014-2021
Touken Matsumoto Corp.
All Rights Reserved.