Main Image
商品 No. WA-0514
表: 青木照之進平元長
裏: 文政九年秋吉日
姿 平造り庵棟、身幅尋常 重ね厚く 先反り付いた力強い姿
尾張、摂津、薩摩国
時代 江戸時代後期(1826)
寸法
刃長
1尺 1寸 6分 2厘
35.2 cm
反り
2分 6厘
0.8 cm
元幅
9分 2厘
2.8 cm
棟重
3分 6厘
1.1 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 保存刀剣
交付日 平成22年01月29日
登録証
都道府県 東京都
交付日 昭和43年02月08日
詳細情報
小板目詰んで地沸付き地景入る
刃文 太直刃 表裏ものうちに喰違い刃
彫刻 表:素剣に三鈷杵、裏:三梵字、棟:二筋樋
帽子 直ぐに丸 深く返る
生ぶ、桧垣鑢 栗尻
目くぎ孔 1
素銅地金着尾張鎺
説明
青木元長(初代)は初め尾張の信高六代門人となり「信直」と銘す。信高七代の出奔後は信高八代の後見をおこなったといわれる。のち大阪に行き尾崎助隆門人となり「基寿」に改め、享和三年(1803)には薩摩の大和守元平に師事して「元長」と名を改める。山城、摂津、尾張、薩摩にて作刀。本作は、刀身彫りに加え棟に二筋樋を入れ、青木照之進平元長と長銘に銘が刻された入念作。茎に砥石が掛かりその健全度は落ちるが上の出来は元平に似た、文政九年(1826)年紀の元長初代傑作といえる。
価格   売却済  
 
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
WA-0514
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2014-2021
Touken Matsumoto Corp.
All Rights Reserved.