刀剣松本
CONTACT US
商品検索:

日本刀・刀装具の販売・買取

刀剣

美術刀剣松本 ブログ

埋忠展   令和3年2月20日

埋忠ポスター 埋忠リスト① 埋忠リスト②

刀剣博物館で2月21日(日)まで開催の「埋忠 桃山刀剣界の雄」特別展を観覧しました。新型コロナウィルス感染対策のため、土曜日(20日)の入館はコンビニ発券機での事前予約が必要でした。「埋忠展に行った?」と多くの方から言われましたので、期待は高かったのですが、希少な埋忠作品が一堂に展示され圧巻でした。刀身彫刻の見比べは良い勉強になります。国指定の国宝6点、重文10点を含む名品の展示にも魅せられました。開館間もない午前中は僅かな入館者でしたが、お昼近くにはかなりの人数、特に女性が多く今の刀剣人気を感じました。

美術刀剣松本では現在2点の埋忠鐔を掲載しています。埋忠展の鐔を彷彿させるおすすめの作です!
● TSU-1923 天地菊花透図鐔・梅忠橘重義作(七左衛門)・特別保存刀装具
● TSU-1698 菊唐草模様図・無銘(埋忠)・特別保存刀装具

野田会 刀剣市場  令和3年2月11日

筑波大会 IMG_7172 (野田会)

野田会(刀剣市場)の筑波大会が全国刀剣商業協同組合の機関誌「刀剣界 第57号」令和3年1月15日発行に掲載されました。野田会の筑波大会は2017年より毎年の4回目。昨年中止となった大刀剣市2020の開催日にあたる11月3日におこないました。記事に書かれているとおり、毎年最高出来高を更新して活発な取引がおこなわれています。
また今月3日の野田会は、会社設立11年間での平会最高出来高を達成しました。交通の便がよくありませんが狭い会場は毎回満席、全員参加型のアットホームな市場を心掛けています。ベテランに加えて若手刀剣商も多く、将来の刀剣業界を活性化してくれるだろうと期待しています。

第16回野田刀剣市と第7回京橋刀剣市   令和3年2月8日

スクリーンショット (2) 野田0 野田2 野田3 スクリーンショット (7) 京橋2 京橋1 京橋3

1月29日(金)から3日間 第18回野田刀剣市を、そして2月5日(金)から3日間 第7回京橋刀剣市を開催しました。
会場予約都合のためでしたが、2週連続での展示即売会開催となり、おまけに毎月3日の野田会刀剣市場がその間に入り、目がまわる慌ただしさでした。
運営は新型コロナウィルス感染防止に努めましたが、外出を差し控えていつもより来場者は少なめでした。このような緊急事態措置の期間中にもかかわらず、訪れてくれたお客様方には心から感謝しています。ご来場いただいたお客様が「来て良かった」と満足する展示即売会になるように努力を続けます。

「大宮会」刀剣市場開場  令和3年1月10日

image1 image2

新年1月9日より毎月9日、新しい刀剣市場「大宮会」がスタートしました。
会主は刀剣市場で積極的に活動している新堀徹さんと旗谷大輔さん。場所は埼玉県さいたま市大宮区。新幹線と在来線が乗り入れて、東京と東日本を結ぶ鉄道交通拠点の大宮駅より徒歩1分。会場は駅東口を出て賑わう通りに面したオフィスビルの6階。広さ80㎡程ある好立地です。
緊急事態宣言が発出され外出自粛が唱えられるなか、当日会場には60名を超える大勢の刀剣商が集まりました。もしコロナ禍でなかったなら入場できない来場者が出たと思えるほどの賑わいぶりでした。来場者は東京近郊を中心に遠方からの出席もあり会主新堀徹さんと旗谷大輔さんの広い親交振りが窺えます。
コロナ禍で消沈しがちな中、新たな市場を開場して刀剣売買の活性化をはかり行動するお二人のご活躍に期待しています。

謹賀新年   令和3年1月3日

2021初日の出jpeg

明けましておめでとうございます

毎年富士山を拝みながら望む初日の出ですが、今年は自宅近所の土手から望む初日の出となりました。快晴が続いた正月三が日に、希望と明るい2021年を予感します。早くこれまでの日常に戻ってもらいたいと切に願いつつ、今年もスタッフ一同精一杯がんばりますので、みなさまご愛顧の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。 松本義行