Main Image
商品 No. WA-0477
表: 陸奥守藤原信貞
裏: 越前住
姿 鎬造り庵棟、中切先、反り頃合いの精悍な姿
越前国
時代 江戸時代前期
寸法
刃長
1尺 7寸 6分 6厘
53.5 cm
反り
5分 3厘
1.6 cm
元幅
9分 9厘
3 cm
先幅
6分 9厘
2.1 cm
棟重
2分 3厘
0.7 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 令和03年05月24日
登録証
都道府県 愛知県
交付日 昭和34年04月15日
詳細情報
杢交じりの板目、地沸付き地景入る
刃文 直焼き出しを伴なう互の目箱乱れ、小沸付き砂流し掛かる
帽子 直ぐに小丸品よく返る
生ぶ、筋違鑢 先入山形
目くぎ孔 2
上貝素銅地金鍍金、下貝銀無垢鑢付鎺
外装情報
外装 拵付
黒石目地塗鞘脇指拵
拵全長
2尺 5寸 7分 4厘
78.0 cm
柄全長
5寸 8分 4厘
17.7 cm
菊花図
目貫 紅葉図
縁頭 縁:野晒図、頭:角
小柄 菊に竹図
その他 白鮫皮着藍糸摘み巻柄
説明
藤原信貞は江戸前期(延宝頃)の越前下坂鍛冶。本作は、精悍な姿の本造脇指。鍛は杢交じりの板目に地景り地沸付く。刃文は互の目箱乱れに小沸付き砂流し掛かる。帽子は直ぐに小丸で品よく返る。拵が附された特別保存刀剣。
価格   450,000円   購入
 
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477
WA-0477