刀剣松本
CONTACT US
商品検索:

日本刀・刀装具の販売・買取

日本刀・刀装具の販売・買取 (株)美術刀剣松本 千葉県野田市

商品 No. WA-0308
表:備州長船(以下切)(小反り)
裏:---
備前国長船
時代南北朝時代後期

寸法
刃長
1尺 7寸 5分 6厘 53.2 cm
反り
5分 0厘 1.5 cm
元幅
9分 0厘 2.7 cm
先幅
6分 3厘 1.9 cm
元重
1分 7厘 0.5 cm

日本美術刀剣保存協会鑑定書
保存刀剣 交付日:平成20年01月28日
 
登録証
教育委員会:東京都
交付日:昭和55年08月28日

詳細情報
姿鎬造り庵棟、三寸程磨上ながら中切先先反りついた姿
板目に杢交じりやや肌立つ
刃文匂出来の小互の目、互の目乱れ、小沸付く
彫刻表裏棒樋掻き流し
帽子乱れ掃きかけ気味に返る
磨上、元勝手下がり鑢
目釘孔 3 
素銅腰祐乗鑢鎺

外装情報
外装 白鞘

 
コメント 小反り(こぞり)とは、南北朝時代後期の長船鍛冶で、兼光・長義・盛景・元重・吉井・大宮等のいずれの流派にも属さない系統の明らかでない刀工達を総称する。代表工としては、秀光、成家、守政、守助、恒弘、家守、光弘等である。姿は延文貞治期の長大なものから寸法はややあっても細身で反り高く先反りごころが付く。作風は小模様の互の目乱れを主としてこずむ刃文のものが多い。本作はその特徴をもち小反りと極められた「備前長船」磨上小太刀。
 
価格
250,000 円

WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308
WA-0308