刀剣松本
CONTACT US
商品検索:

日本刀・刀装具の販売・買取

日本刀・刀装具の販売・買取 (株)美術刀剣松本 千葉県野田市

商品 No. WA-0439
表:作州宗光
裏:延徳二年三月
美作国
時代室町中期(1490年)

寸法
刃長
1尺 8寸 9分 4厘 57.4 cm
反り
5分 9厘 1.8 cm
元幅
9分 3厘 2.8 cm
先幅
6分 7厘 2.0 cm
元重
1分 8厘 0.6 cm

日本美術刀剣保存協会鑑定書
特別保存刀剣 交付日:令和02年11月09日
 
登録証
教育委員会:岡山県
交付日:昭和26年03月31日

詳細情報
姿鎬造り庵棟、中切先 反りのある 戦国姿
板目杢交じり流れやや肌立つ
刃文直ぐ調やや湾れ、小沸付きほつれ互の目を見る
帽子表:帽子厚く直ぐ小丸返り、裏一枚風
磨上、勝手下がり 先入山形
目釘孔 5 内2個埋め
素銅地銀着横鑢鎺

外装情報
外装 拵付
黒石目地塗鞘脇指拵
拵全長
2尺 8寸 8分 4厘 87.4 cm
柄全長
6寸 8分 6厘 20.8 cm
蘇鉄杢肌図、鉄地 丸形 小透 高鋤彫金象嵌
目貫 雉図、赤銅 容彫 金色絵
縁頭 竜田川(流水紅葉)図、赤銅石目地 高彫 金色絵
その他 黒鮫皮着茶色糸捻り巻柄

 
コメント 延徳二年(1490)紀ある作州宗光脇指。銘鑑によると美作国住人宗光は六郎左衛門尉。塚谷住。播州千種、伯州浄島にてもうつ。初代。遺作年紀は文明七年から文亀二年(1475-1502)。備前宗光とは同族のようであるが同時期の備前左京進宗光とは別人とされる。本作、戦国時代を経た530年の歴史が5カ所におよぶ目釘孔であらわされ、今なお健全に輝く作州宗光の脇指。昭和26年岡山県登録に出所の良さが窺える。石目地塗脇指拵が附された特別保存刀剣。
 
価格 売却済

WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439
WA-0439