Main Image

新着情報

脇指
May 25, 2024
商品 No. WA-0679
: (金象嵌銘)勝光
刃長
: 1尺 5寸 4分 1厘 / 46.70 cm
外装
: 白鞘
: 備前国
時代
: 室町時代中期
説明
: 勝光は末備前と称される応永以降の備前長船著名刀工。応永から元亀頃まで七代程続き、右京亮勝光(四代・文明頃)、次郎左衛門尉勝光(五代・永正頃)は最上作に位列する。本作は大磨上で「勝光」金象嵌銘が施された脇指。鍛えは小板目流れごころ、煙込んで乱れ映り立つ。刃文は匂い出来焼高く冴え、小互の目、小丁子、箱風、尖り刃交じり変化に富む。帽子は乱れ込んで突き上げ気味小丸に返る。昭和26年3月の東京都大名登録から伝来品であろう。昭和33年の特別貴重刀剣認定書が付されているが、現在の審査では江戸期の石堂作と鑑せられ結果は現状となる。鑢掛かる丁寧な金象嵌銘は本作秘蔵の歴史を伝えており、出来本位で捉えて愛刀に加える価値が十分ある作と思料する。
価格
: 400,000円
 
WA-0679
WA-0679
May 25, 2024
商品 No. KA-0627
: 米沢住宗慶
刃長
: 2尺 3寸 5分 0厘 / 71.20 cm
外装
: 白鞘
: 出羽国米沢
時代
: 江戸時代後期(弘化頃)
説明
: 宗慶(むねよし)は江戸時代後期弘化頃(1845-1848)の出羽国米沢刀工。師伝不明ながら、腰反り風の姿は伸びやかで美しく、地鉄は精美な小板目杢交じり、刃文は叢のない腰開きの互の目乱れで足入り金線を見る。帽子は品よく直ぐ小丸に返る。2024年2月特別保存刀剣審査合格。
価格
売却済
 
KA-0627
KA-0627
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2013-2024
All Rights Reserved.