Main Image

新着情報 刀装具

Oct 21, 2021
商品 No. TSU-2222
画題
: 近江八景図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 8.6cm 横: 8.0cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
説明
: 近江八景は琵琶湖南西部の八つの景勝地。 中国の洞庭湖の瀟湘(しょうしょう)八景になぞらえて選んだという。室町時代から和歌で詠まれ、江戸時代後期に安藤広重が浮世絵で描いて有名になる。以降絵画や彫刻人気の画題となる。本作には、表面上「石山の秋月」・中「堅田の落雁」・下「唐崎の夜雨」、裏面上「三井の晩鐘」、下「瀬田の夕照(せきしょう)」の五景が高鋤彫象嵌色絵であらわされている。凝った意匠の鐔。
価格
: 45,000円
TSU-2222
TSU-2222
TSU-2222
目貫
Oct 21, 2021
商品 No. MEN-2223
画題
: 放れ牛図

: 無銘

時代
: 江戸時代

寸法
: 左縦: 1.4cm  右縦: 1.4cm
  左横: 3.3cm  右横: 3.3cm
説明
: 牛は田畑を耕す身近な家畜。本作は人懐こい顔の放れ牛図目貫。丹念に圧出し容彫され後藤作と思われる。
価格
: 40,000円
MEN-2223
MEN-2223
MEN-2223
Oct 14, 2021
商品 No. TSU-2224
画題
: 青海波模様図

: 柳川直春(花押)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.2cm 横: 6.9cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 柳川直春は柳川家五代目。柳川派は横谷宗與門人の柳川政次(初代)に始まり宗珉門人の直政(二代)-直故(なおひさ・三代)-直光(四代)-直春と続く。直春は柳川直故の実子で直政の嫡孫。生後間もなく父と死別し柳川直光(直政養子)の指導を受け、直光隠居により柳川家五代目の家督を継いだ。技量が優れているだけではなく門下に実子の直連(六代)や河野春明をはじめ多くの金工を江戸彫金界に送り出し柳川家の名を高め隆盛を誇った。作風は、横谷系の赤銅魚子地に高彫色絵を施す作と四分一磨地に片切彫を施す作を得意とする。本作は柳川直春の青海波模様図鐔。碁石形肉置きの赤銅地に精緻な魚子を打ち、外周に銀の青海波紋を縁取る。小柄櫃内覆輪にまで魚子を打つ入念作。堅実で品格がある。
価格
: 400,000円
TSU-2224
TSU-2224
TSU-2224
小柄
Oct 14, 2021
商品 No. KOZ-2225
画題
: 霞に二疋駿馬図

: 戸尻銘 秀直

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 長さ: 9.8cm 幅: 1.5cm
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 秀直は横谷派。江戸住、江戸後期。本作は、表赤銅魚子仕立てに磨地でわずかに霞をなびかせ、野馬を裏より打ち出し高彫して左の馬には金色絵を施す。裏は四分一地猫掻き風鑢に片切毛彫で野兎をあらわす。銘は戸尻に秀直二字を切る。躍動感ある入念作。2020年11月刀装具審査で特別保存合格。
価格
売却済
KOZ-2225
KOZ-2225
KOZ-2225
Oct 12, 2021
商品 No. TSU-2218
画題
: 月兎図

: 安信(花押)

時代
: 江戸時代中期

寸法
: 縦: 8.1cm 横: 7.2cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
説明
: 安信は初代土屋安親の門人。二代安親の若銘ともいわれる。江戸中期。出羽国庄内住で江戸にも住む。本作は、安親の月兎に倣う。効果的な陰透で月下の兎をあらわしている真鍮障泥形鐔。
価格
予約済
TSU-2218
TSU-2218
TSU-2218
Oct 12, 2021
商品 No. TSU-2219
画題
: 三傘透図

: 無銘(正阿弥)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.5cm 横: 7.2cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 竹の持ち手で骨組み太く油紙を貼った和傘は番傘。傘は雨傘として使われるだけではなく、魔除けや権力の象徴としても使われた。本作は番傘三張(はり)を円状に繋いだめずらしい意匠。鉄味良く正阿弥極めで保存刀装具鑑定書が付いている。
価格
: 60,000円
TSU-2219
TSU-2219
TSU-2219
Oct 12, 2021
商品 No. TSU-2220
画題
: 糸車図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.7cm 横: 7.7cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 機織りの糸車にたっぷりと糸が巻かれた図。糸車に十分な糸が巻かれた状態は長寿や繁栄の願いをなぞらえている。そして耳に施された蔦唐草の金布目象嵌は延びる蔓がその願いをさらに強調し煌びやかな作に仕立てている。
価格
: 55,000円
TSU-2220
TSU-2220
TSU-2220
目貫
Sep 28, 2021
商品 No. MEN-2217
画題
: 紲革

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 左縦: 1.6cm  右縦: 1.5cm
  左横: 4.4cm  右横: 4.3cm
説明
: 紲革(きずながわ)は、絆革(きずながわ)とも書き、馬を繋ぎ止める専用の綱で我が国古来の馬具の一種。本作は効果的な金色絵と抜穴を多用した大振りの目貫。落し箱に納められ大切にされた品。
価格
: 35,000円
MEN-2217
MEN-2217
MEN-2217
縁頭
Sep 28, 2021
商品 No. FU-2216
画題
: 菊花散図

: 大岡政次(花押)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 頭: 3.34cm 縁: 3.76cm 腰: 1.39 cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 大岡政次は江戸後期、尾張徳川家の抱工。吉岡尹次(まさつぐ・因幡介別家)に師事し尹寿(まさとし)と名乗る。後に浜野家の正信に入門し、大岡家養子となり、尾張徳川家に抱えられた浜野系の金工師。本作は、赤銅石目地に三種の菊紋を散らした縁頭。尾張高禄武士の差料に附されたものであろう、袋着せ(うっとり)である。
価格
: 65,000円
FU-2216
FU-2216
FU-2216
Sep 23, 2021
商品 No. TSU-2213
画題
: 花角模様図

: 如泉(花押)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.8cm 横: 7.4cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 如泉(じょせん)は如竹(じょちく)の門人。本作のごとく「如泉(花押)」と流麗な草書体で銘を切る。平象嵌と高彫の技法を用いて縁頭と鐔を造る。本作は花角紋(はなかくもん)を中心に、茎を意匠化して左右対称に模様化した特殊な図案。素銅磨地に平象嵌であらわし、耳は篠刻金色絵を施す。特別な注文により製作された拵に附されていたのであろう。上等な鐔。
価格
売却済
TSU-2213
TSU-2213
TSU-2213
Sep 23, 2021
商品 No. TSU-2214
画題
: 押合菊図

: 友信作

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.9cm 横: 7.3cm 切羽台厚さ: 0.3cm 
説明
: 菊花を一面に敷詰めた図は押合菊図。本作は、江戸菊、嵯峨菊、伊勢菊、美濃菊、肥後菊が、鐔全面写実的に効果的な金色絵で彩られ丹念に彫られている。友信は江戸後期、井上派の長州鐔工。
価格
: 65,000円
TSU-2214
TSU-2214
TSU-2214
Sep 23, 2021
商品 No. TSU-2215
画題
: 菊花捥形

: 近江守継秀

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.5cm 横: 7.2cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
鑑定書
: 特別貴重小道具

説明
: 継秀(つぐひで)は藤原姓を称した江戸の刀工。三代継平の門人で近江守を受領する。万歳継秀造、継秀鍛、近江守継秀と銘を切り、寛政年紀を添えた刀工鐔も造った。本作は「近江守 継秀」と銘が鐫られた菊花椀形鐔。鉄の鍛えと菊花椀形の造形美が優れている。
価格
: 45,000円
TSU-2215
TSU-2215
TSU-2215