Main Image

新着情報

短刀
Apr 13, 2021
商品 No. TAN-0190
: 寿昌(山浦真雄)
刃長
: 5寸 4分 1厘 / 16.40 cm
: 信濃国
外装
: 拵付
説明
: 山浦真雄(さねお)は清麿の兄。信州小諸赤岩村の郷士山浦信風の嫡子として文化元年(1804)に生まれた。はじめ弟清麿と共に上田の藩工河村寿隆に学び、完利、寿昌などと銘した。のち正雄、真雄となり、さらに晩年は寿長と銘し、明治七年(1874)71歳没。本作は、「名匠の形見 山浦真雄・兼虎遺作集(平成二年/1990)-細萱知敬著-」所載の短刀「寿昌 弘化四年(1847)五月日」 と同時に造られた一鍛(ひときたえ)作と鑑せられ酷似している。真雄43歳、小諸藩勤め晩年で上田城下鍛冶町に移住する前年作。地鉄は板目詰んで流れ地沸よく付き、刃文は互の目湾れ交じり金筋砂流しはたらき溌溂とした作。真雄の貴重な一口。黒蝋色塗合口短刀拵付き。特別保存刀剣。
価格
売却済
脇指
Apr 13, 2021
商品 No. WA-0436
: 備州長船忠光
刃長
: 1尺 7寸 2分 3厘 / 52.20 cm
: 備前国長船
外装
: 拵付
説明
: 長享元年(1487)紀のある忠光脇指。忠光銘は鎌倉末期から室町末期までみられる。戦国時代に活躍した末備前を代表する刀工で同派中では鍛え上手で聞こえている。とくに彦兵衛尉、修理亮、平右衛門尉などを冠する末備前忠光が有名。本作に俗名はないが、地刃共に尋常で末備前の特色をよく示している。黒蝋色塗鞘脇指拵が付いた忠光長享年紀入りの特別保存刀剣。
価格
売却済
古式銃
Apr 13, 2021
商品 No. KOJU-0085
: 摂州住井川与三兵衛☐郎作
全長
: 4尺 1寸 6分 8厘 / 126.30 cm
: 摂津国
銃身長
: 3尺 1寸 6分 5厘 / 95.90 cm
口径
: 4分 6厘 / 1.40 cm
説明
: 井川与三兵衛は堺鉄砲鍛冶。堺は摂津国と和泉国に属し堺と和泉の「境」ということに由来する国友と並ぶ鉄砲の生産地。本作は銃身に雲龍の象嵌が施され銃口(巣口)はらっきょう形で見映えする。銃床にも商品価値を高めるための飾金具が多用され華やか。状態良くからくりは正常に稼働する。
価格
予約済