Main Image
商品 No. WA-0482
表: 東都継平造
裏: 明和八辛卯年
姿 鎬造り庵棟、中切先 均整のとれた姿
武蔵国
時代 江戸時代中期(1771年)
寸法
刃長
1尺 8寸 8分 8厘
57.2 cm
反り
4分 6厘
1.4 cm
元幅
1寸 0分 0厘
3 cm
先幅
7分 5厘
2.3 cm
棟重
2分 3厘
0.7 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 令和03年05月24日
登録証
都道府県 東京都
交付日 昭和43年09月05日
詳細情報
小板目肌、地沸付き地景入る
刃文 焼高く匂口の深い浅い湾れに大乱れ入り飛焼きをみる
帽子 直ぐ小沸付いて、表尖り小丸、裏小丸返り
生ぶ、切鑢 先細り栗尻
目くぎ孔 1
素銅地金着庄内風鎺
説明
近江守継平は本国越前で、初代は寛文頃越前三代康継の門人。のち「継」の字を康継より譲られて江戸に移住し以降同銘が六代続いた名跡。本作は明和八年(1771)紀より宝暦から天明にかけて(1753-1785)作刀がある継平四代。継平四代は、草書銘に切り、地鉄に黄金を混ぜて鍛錬した「黄金鍛え」と称する添銘がある。本作は小板目鍛肌に焼高く匂口の深い浅い湾れ刃文。抜群の茎仕立てに見事な草書銘が切られている。四代継平の最高傑作と思われる出来。「優秀刀図録」(平成27年日本刀剣保存会)所載の優秀作刀。
価格   650,000円   購入
 
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
WA-0482
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2014-2021
Touken Matsumoto Corp.
All Rights Reserved.