刀剣松本
CONTACT US

日本刀・刀装具の販売・買取

ヘッダー画像・Header Image

拵(刀装)
Jul 21, 2020
商品 No. KO-0043
拵全長
: 3尺 2寸 4分 7厘 / 98.4 cm
: 黒呂色塗三分刻鞘打刀拵
コメント
: 二尺三寸程の新刀が納められていたと思われる黒呂色塗三分刻打刀拵。姿良く保存状態頗る良好。
価格
: 170,000円
KO-0043
 
Details
 
Jul 21, 2020
商品 No. KA-0317
: 清光(非人清光)
時代
: 江戸時代前期(延宝)
刃長
: 2尺 2寸 7分 0厘 / 68.80 cm
: 加賀国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:令和02年02月19日)
外装
: 拵付
: 黒蝋色塗五分刻鞘打刀拵
コメント
: 本作清光は加賀第四代藩主前田綱紀が寛文十年(1670)に領地の笠舞に窮民収容所を建て、ここに一時いたことから、「非人清光(乞食清光)」と呼ばれた。のち努力して良工となり貞享四年(1687)没。銘の「清」の「青」の字を十二月にきるので「十二月清光」ともいう。同時期の越中国「播磨大掾藤原清光」とは別人で同工に比して作品が少ない。刀身引き立つ黒蝋色塗五分刻鞘打刀拵が付されている。
価格
: 600,000円
KA-0317
KA-0317
KA-0317
Details
高画像刀身
Jul 21, 2020
商品 No. KA-0318
: 肥前国住人源宗次
時代
: 江戸時代中期(貞享)
刃長
: 2尺 2寸 7分 0厘 / 68.80 cm
: 肥前国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:令和02年02月19日)
外装
: 白鞘
コメント
: 本作伊予尉宗次は鑢目逆筋違から三代宗次。左馬之丞。元禄六年(1693)藩工を辞して佐賀藩家老諫早茂晴に仕え、肥前諫早の地に移り享保九年(1724)隠居して四代宗光に家督を譲り以後明治に及んでいる。地刃共に健全、焼き刃深く華やかな一腰。
価格
: 650,000円
KA-0318
KA-0318
KA-0318
Details
高画像刀身