刀剣松本
CONTACT US
商品検索:

日本刀・刀装具の販売・買取

日本刀・刀装具の販売・買取 (株)美術刀剣松本 千葉県野田市

商品 No. KA-0340
表:奥州白川臣手柄山正繫
裏:寛政六年二月日
武蔵国江戸(本国播磨・陸奥国白川藩抱え工
時代江戸時代後期(寛政頃)

寸法
刃長
2尺 1寸 0分 5厘 63.8 cm
反り
3分 0厘 0.9 cm
元幅
1寸 2分 7厘 3.9 cm
先幅
9分 6厘 2.9 cm
元重
2分 8厘 0.8 cm

日本美術刀剣保存協会鑑定書
特別保存刀剣 交付日:平成10年02月09日
 
登録証
教育委員会:大阪府
交付日:昭和29年03月02日

詳細情報
姿鎬造り庵棟、中切先延び 身幅広く重ね厚く 反り浅く豪壮なる姿
小板目肌細かに良く詰み、地景入り、地沸付く
刃文焼き出しを伴なう濤乱風大互の目乱れ、匂深く小沸付く
彫刻表裏棒樋
帽子直ぐに先尖り心の小丸、掃き掛けかけて長めに返る
生ぶ、大筋違香包化粧鑢付 先浅い入山形
目釘孔 2 元孔上
素銅地金着二重鎺

外装情報
外装 白鞘

 
コメント 手柄山正繁は二代手柄山氏繁の次男として宝暦十年(1760)播州姫路生まれ。兄の新兵衛氏繁が早世したのでその跡を継いで「氏重」または「氏繁」と銘する。播州姫路手柄山の麓に住したことから手柄山を称す。天明年間に大阪で鍛刀、同八年(1788)白河楽翁(陸奥国白川藩三代藩主松平定信・寛政の改革を推進した中心人物で幕府老中・八代将軍吉宗孫)に抱えられ同年江戸に移住し鍛刀する。享和三年(1803)甲斐守を受領。文政十三年(1830)70歳没。作風は津田助廣に私淑し濤瀾風大互の目を得意とする。本作は幅広で切先が延び豪壮なる姿。地刃共に冴えて明るく華やか。助廣に範を取った手柄山正繁の名品。
 
価格
3,000,000 円

KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340
KA-0340