刀剣松本
CONTACT US
商品検索:

日本刀・刀装具の販売・買取

日本刀・刀装具の販売・買取 (株)美術刀剣松本 千葉県野田市

商品 No. TAN-0147
表:三好播龍子長弘作之 文政三辰八月河原一幸依求
裏:五行之内金
伊予国
時代江戸時代後期

寸法
刃長
7寸 5分 9厘 23.0 cm
反り
0厘 0.0 cm
元幅
7分 4厘 2.3 cm
元重
2分 4厘 0.7 cm

日本美術刀剣保存協会鑑定書
保存刀剣 交付日:令和元年05月23日
 
登録証
教育委員会:千葉県
交付日:令和元年11月22日

詳細情報
姿平造り庵棟、重ね厚くやや内反り ふくら枯れた 実用向きの姿
板目詰んで地沸付く
刃文直ぐ湾れ小沸付く
彫刻表裏刀身文字彫遺る
帽子直ぐ小丸に返る
生ぶ、筋違鑢化粧付 先入山形
目釘孔 2 
素銅地金鍍金総祐乗鑢鎺

外装情報
外装 白鞘

 
コメント 三好蟠龍子長弘は因州浜部寿実門。和泉大掾国輝(七代)子で江戸時代後期の伊予国刀工。本作は伊予国松山の高禄武士であろう河原一幸の求めに依り文政三年(1820)作刀。茎裏に南海太郎朝尊が著した刀剣五行論の金性を「五行之内金」と刻し、特別な意図が窺える。「武器というものは凶しき道具ではある。しかし、やむおえざる時にはこれを用い、悪を誅して患いを去って、天下が治まるのである」という意味が記されている。資料性の高い短刀。
 
価格
200,000 円

TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147
TAN-0147