刀剣松本
CONTACT US
商品検索:

日本刀・刀装具の販売・買取

日本刀・刀装具の販売・買取 (株)美術刀剣松本 千葉県野田市

商品 No. KA-0339
表:伊予大掾橘勝国
裏:---
加賀国
時代江戸時代前期(寛文頃)

寸法
刃長
2尺 3寸 4分 0厘 70.9 cm
反り
5分 2厘 1.6 cm
元幅
1寸 0分 3厘 3.1 cm
先幅
6分 4厘 2.0 cm
元重
2分 1厘 0.6 cm

日本美術刀剣保存協会鑑定書
特別保存刀剣 交付日:平成30年06月13日
 
登録証
教育委員会:愛知県
交付日:昭和31年06月05日

詳細情報
姿鎬造り庵棟、中切先 適度に反りが付く 洗練された姿
板目柾流れ杢交じり全面に関映り立つ
刃文三本杉乱れ、細かな沸が付いて刃縁締まり冴え匂足射す
帽子乱れ込み丸浅く返る
生ぶ、片筋違鑢 入山形
目釘孔 2 
素銅地金着加州鎺

外装情報
外装 拵付
黒石目地塗鞘肥後風拵
拵全長
3尺 3寸 9分 9厘 103.0 cm
柄全長
8寸 1分 5厘 24.7 cm
菊花雷文繋ぎ図、鉄地 障泥形 毛彫象嵌
目貫 鯰図、赤銅地 容彫 金色絵
縁頭 山銅地、縁波文、頭波山道、鐺波文
その他 黒塗鮫着革巻柄

 
コメント 本作、伊予大掾橘勝国(初代)は家重の子で、加賀藩主前田候に仕えて寛文元年(1661)伊予大掾を受領し、藤原姓を橘姓に改め、初銘の「家重」を「勝国」と改銘。陀羅尼派鍛冶の代表工で、新刀上作・大業物と位列高い。寛文十二年(1672)没。関の孫六兼元を手本にした三本杉乱れ刃文を得意とする。本作は伊予大掾陀羅尼勝国の壮年期作。乱れを交えた関の白け映りが全面に立ち出色。本作の為に仕立てられた肥後風拵が付されている。
 
価格
800,000 円

KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339
KA-0339