刀剣松本
CONTACT US

日本刀・刀装具の販売・買取

ヘッダー画像・Header Image

脇指
Feb 19, 2021
商品 No. WA-0429
: 万歳近江守源継秀造
裏銘
: 天明五年八月日
時代
: 江戸時代中期(1785年)
刃長
: 1尺 4寸 6分 5厘 / 44.40 cm
: 武蔵国(奥州相馬)
鑑定書
: 保存刀剣 (交付日:平成28年02月04日)
外装
: 白鞘
コメント
: 三代継平の門人で奥州相馬中村に住した刀匠。江戸にても作刀し、本作の如く銘に万歳継秀と切るものがある。安永二年から文化十年(1773-1813)頃までの遺作がある。本作は、鍛え、板目杢交じりに地沸付き地景入る。刃文は焼高く、帯状の匂口に崩れがなく出来が良い。本作は天明五年(1785)草書銘年紀入り。お手頃価格で楽しめる一振。
価格
: 200,000円
WA-0429
WA-0429
WA-0429
Details
高画像刀身
短刀
Feb 19, 2021
商品 No. TAN-0184
: 道辰
時代
: 江戸時代後期
刃長
: 7寸 4分 9厘 / 22.70 cm
: 陸奥国会津
鑑定書
: 保存刀剣 (交付日:令和元年12月02日)
外装
: 白鞘
コメント
: 道辰(新々刀)と極められた陸奥国会津道辰。道辰(初代)は、万治二年(1695)長道が陸奥大掾を受領すると別家して中条家を創立した。その三代目に名工道辰が出て、さらに子孫に伝法され明治まで六代続く。本作は銘振りおよび二字銘から上手と評される道辰(四代)と鑑せられる。四代道辰の初銘は道安と切り、文化三年(1806)以降道辰に改めた。文政五年(1822)尾州(愛知県)犬山の日比野道春方で打った作がある。嘉永年間(1848~1853)頃没。一見砂流し風の縞模様の「俗に素麺刃」を焼いている総柾肌の薙刀直し造り短刀。
価格
売却済
TAN-0184
TAN-0184
TAN-0184
Details
高画像刀身
 
Feb 19, 2021
商品 No. TSU-2077
画題
: 大蛇退治図
: 無銘(若芝)
時代
: 江戸時代中期から後期
寸法
: 縦: 7.8cm 横: 7.5cm 切羽台厚さ: 0.6cm 
: 肥前国
鑑定書
: 特別貴重小道具 (交付日:昭和46年06月06日)
コメント
: スサノオ(素戔嗚尊)は、日本神話に登場する神。アマテラス・ツキヨミとともに三貴神と呼ばれる日本神話の中心的神。本作はヤマタノオロチを退治する英雄図。板鐔に薄肉彫のようなくさらかしで鋤下げ、煌びやかな金銀布目象嵌を施す作風。若芝の典型作。
価格
売却済
Product ImageProduct ImageProduct Image
 
Details
 
 
縁頭
Feb 19, 2021
商品 No. FU-2079
画題
: 群獅子図
: 無銘(古金工)
時代
: 桃山時代
寸法
: 頭: 3.33cm 縁: 3.75cm 腰: 1.08 cm 
鑑定書
: 特別保存刀装具 (交付日:平成21年10月30日)
コメント
: 本作は、裏打ち出しで獅子を彫り金色絵を施す。地は端正な縦魚子。古金工と極められた群獅子図縁頭。古金工とは桃山時代以前の金工作品のうち、後藤家や美濃彫などその特徴が特定し得ない金工作品をいう。特別保存刀装具。
価格
: 150,000円
Product ImageProduct ImageProduct Image
 
Details