刀剣松本
CONTACT US
商品検索:

日本刀・刀装具の販売・買取

日本刀・刀装具の販売・買取 (株)美術刀剣松本 千葉県野田市

商品 No. TAN-0162
表:播磨大掾正綱
裏:---
伯耆国
時代江戸時代前期

寸法
刃長
8寸 9分 8厘 27.2 cm
反り
0厘 0.0 cm
元幅
9分 3厘 2.8 cm
元重
2分 3厘 0.7 cm

日本美術刀剣保存協会鑑定書
保存刀剣 交付日:平成15年06月06日
 
登録証
教育委員会:埼玉県
交付日:平成20年11月19日

詳細情報
姿平造り三つ棟、身幅重ね尋常 端正な姿
板目詰んで流れ地沸付く
刃文表裏揃った湾れに揃互の目丁子乱れ交じり、小沸付いて匂口明るい
帽子直ぐに小丸深めに返る
生ぶ、筋違鑢 刃上がり栗尻
目釘孔 2 生ぶ穴は上
素銅地金着総祐乗鑢鎺

外装情報
外装 拵付
青貝微塵塗鞘短刀拵
拵全長
1尺 7寸 1分 6厘 52.0 cm
柄全長
4寸 1分 9厘 12.7 cm
桐紋図、無銘 赤銅地象嵌色絵 喰出鐔
目貫 山椒図、赤銅地容彫金色絵
縁頭 波龍図、無銘 赤銅地高鋤彫金色絵
小柄 這龍図、後藤海乗(花押)と銘あり 赤銅魚子仕立 裏哺金
その他 白鮫皮着卯の花色糸蛇腹巻柄、岩石紋鐺

 
コメント 正綱は伯州廣賀の一門で、伯耆国東部に栄えた小鴨氏の岩倉城下(倉吉市弓削)で江戸初期の元和寛永頃に初代がおこり同銘が続いた。本作は、播磨大掾を受領した二代正綱(慶安1650年頃)。堅実な作柄の短刀。映える青貝微塵塗鞘拵が付されている。
 
価格
350,000 円

TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162
TAN-0162