刀剣松本
CONTACT US

日本刀・刀装具の販売・買取

ヘッダー画像・Header Image

新着情報

Feb 20, 2020
商品 No. KA-0293
: 備州長船清光作
裏銘
: 天文十二二年八月日
時代
: 室町時代後期(1545)
刃長
: 2尺 4寸 6分 2厘 / 74.60 cm
: 備前国長船
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:平成30年12月10日)
外装
: 白鞘
コメント
: 清光は祐定と並ぶ末備前の人気刀工。多くの同銘があるが、五郎左衛門尉(天文頃)と孫右衛門尉(永禄頃)、源五郎(天文頃)が優れている。本作俗銘入りではなく刀工の特定はできないが、一寸区送りされてなお二尺四寸六分強の長寸を保った美しい姿。地鉄は杢交じりの板目が流れ地沸が付き、刃文は直ぐ刃僅かに乱れて崩れ、「清光の涎」といわれる小足、葉、沸崩れをみる。清光の特徴をあらわす天文十四年(1545)の末備前。特別保存刀剣。
価格
: 550,000円
KA-0293
KA-0293
KA-0293
Details
高画像刀身
脇指
Feb 18, 2020
商品 No. WA-0357
: 攝州住藤原長綱
時代
: 江戸時代前期
刃長
: 1尺 8寸 1分 5厘 / 55.00 cm
: 摂津国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:平成21年07月08日)
外装
: 白鞘
コメント
: 長綱は初代忠綱門人の業物上作刀工。自ら聾者であることを聾長綱と刻銘して「聾長綱」と呼ばれる。作風は師の忠綱に似て互の目、互の目丁字を焼くが、忠綱のように焼き頭は湾れず、互の目頭が揃った足長丁字で足が綺麗に入るのが特徴。本作一尺八寸超の長脇指で長綱の典型作。茎状態健全。
価格
: 550,000円
WA-0357
WA-0357
WA-0357
Details
高画像刀身
Feb 18, 2020
商品 No. KA-0292
: 兼房作
時代
: 室町後期
刃長
: 2尺 3寸 7分 3厘 / 71.90 cm
: 美濃国
鑑定書
: 保存刀剣 (交付日:平成08年03月28日)
外装
: 拵付
: 茶石目地塗鞘打刀拵
コメント
: 兼房は年号や俗名を切ったものがほとんど見られないことから時代は室町後期(天文・永禄)頃と思われるが特定は困難。本作は茎孔の状態から戦時中サーベルに入れられたと思われる。また蔵番号であろうか、茎の棟下方に鏨が切られている。元来は二尺四寸五分程の長尺を操作性高めるために磨上られ時代を経てきた刀。肥後を模した燻革(ふすべがわ)巻の茶石目地塗鞘打刀拵が付されている。
価格
: 500,000円
KA-0292
KA-0292
KA-0292
Details
高画像刀身
Feb 18, 2020
商品 No. KA-0290
: 兼髙
時代
: 江戸時代初期(寛永頃)
刃長
: 2尺 4寸 7分 8厘 / 75.10 cm
: 美濃国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:令和元年08月26日)
外装
: 白鞘
コメント
: 本作兼高は寛永頃の美濃三阿弥派で新刀期の三阿弥派を代表する鍛冶。銘振りより二代武蔵守兼高と思われ上手。尾張伯耆守信高は兼高家の分かれといわれる。本作は、鎬造り庵棟、二尺四寸八分の長寸、切先延びごころ均整の取れた美しい姿。地鉄は杢交じりの板目やや肌立ち地沸付く。刃文は互の目乱れ、匂出来で小沸が付き刃中に砂流し掛かり、棟焼あり。帽子は地蔵風火焔気味小丸に寄って返る。茎は生ぶ、鷹の羽鑢 刃上り栗尻。健全な一振。
価格
: 450,000円
KA-0290
KA-0290
KA-0290
Details
高画像刀身
脇指
Feb 11, 2020
商品 No. WA-0351
: 副山田吉昌子之好固山宗次作之
裏銘
: 天保七丙申年二月日
時代
: 江戸時代後期
刃長
: 1尺 8寸 1分 8厘 / 55.10 cm
: 武蔵国江戸
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:令和元年12月2日)
外装
: 白鞘
コメント
: 固山宗次は享和三年(1803)奥州白河に固山宗平の弟として生まれ、米沢藩士加藤綱英門人となる。後に白河の松平家に抱えられ文政六年(1823)松平家の伊勢転封にしたがい、文政十二年(1829)頃桑名に移住。天保二年(1831)頃江戸に出て鍛刀。弘化二年(1845)備前介を受領し、没年は明治五年(1872)以降70余歳であったと思われる。新々刀期の上々作刀工で備前伝での第一人者と評される。本作には、「副山田吉昌子之好固山宗次作之」と試し斬り山田浅右衛門(六代吉昌養子の七代山田五三郎)の好みと銘に副(そ)えられている。作刀は匂出来の華やかな腰開きの互の目乱れ刃文で地刃共に冴えた固山宗次の名品。
価格
予約済
WA-0351
WA-0351
WA-0351
Details
高画像刀身
 
やり
Feb 11, 2020
商品 No. YA-0097
: 八木壽隆作
時代
: 江戸時代後期(文化頃)
刃長
: 6寸 2分 0厘 / 18.80 cm
: 相模国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:令和元年12月2日)
外装
: 白鞘
コメント
: 八木寿隆は眠龍子寿実門。江戸、水戸にても打つ。「相州飯山住八木淡路介寿隆」「相州八木源寿隆 於常州寿国宅造之(寿国は寿実の初銘であり水戸に住したことがある)」「八木寿隆造」と銘を刻す。江戸後期文化(1804-1818)頃、相模国刀工。八木寿隆は厚木在飯山の鋳工の出。山浦真雄・源清麿等の師である河村寿隆も相州産と銘を刻す例があり、寿実同門で八木寿隆と同人といわれるが作品よりみて別人。八木淡路介寿隆は河村寿隆の親ともいわれる。本作は錆びた生ぶ荷に研磨を施し、特別保存刀剣審査に合格しためずらしい十文字槍。横幅:11.8cm / 茎長さ:37cm
価格
: 370,000円
YA-0097
YA-0097
YA-0097
Details
高画像刀身
脇指
Feb 9, 2020
商品 No. WA-0352
: 和泉守兼重
時代
: 江戸時代前期
刃長
: 1尺 8寸 4分 1厘 / 55.80 cm
: 武蔵国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:平成26年05月13日)
外装
: 白鞘
コメント
: 和泉守兼重は生国越前ではじめ矢の根鍛冶を営む名人と伝えられる。系統は明らかではないが、作風から同郷越前関系刀工の指導を受け刀匠に転じ、寛永初期に江戸に入り和泉守を受領し藤堂和泉守高虎のお抱え鍛冶となる。一説には虎徹の師ともいわれ、地刃の強いところなどに師弟関係を頷かせるものがある。本作は、地沸付いた板目交じりの小板目肌で、刃文は匂口深く精美に小沸が付いた湾れ調の足入り互の目乱れ刃文に砂流し入り出来が良い。
価格
: 650,000円
WA-0352
WA-0352
WA-0352
Details
高画像刀身
脇指
Feb 9, 2020
商品 No. WA-0356
: 筑前住源信国吉政
時代
: 江戸時代中期(元禄頃)
刃長
: 1尺 7寸 3分 9厘 / 52.70 cm
: 筑前国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:平成25年01月29日)
外装
: 白鞘
コメント
: 本作は銘振りおよび姿から信国吉政(三代)。九州地方の信国一派は室町初期の応永頃から京都の信国一門が筑前国宇佐に移住したのが始まり。その後新刀初期に北九州地方全域に拡大して一大勢力となり、みな信国某と称して繁栄を続けた。筑紫信国は、京信国十二代目と称した信国吉貞が慶長七年(1602)黒田家に召され、その長男吉政(初代)が黒田藩工となる。しかし家伝の沸本位の作柄から離れて備前伝を修行したため廃嫡となり家督は次男吉次が相続した。二代吉政は初代の子で貞享五年(1688)歿。三代吉政は二代の子で晩年重宗と改名し、享保3年(1718)歿。本作は銘振りより三代吉政と思われる。肥前刀に見紛う作風。無疵無欠点といえ出来が良い。
価格
売却済
WA-0356
WA-0356
WA-0356
Details
高画像刀身
 
Feb 9, 2020
商品 No. KA-0282
: 駿州嶋田住輝吉広助
裏銘
: 天文拾四年六月二日
時代
: 室町時代後期
刃長
: 2尺 3寸 3分 6厘 / 70.80 cm
: 駿河国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:平成30年12月10日)
外装
: 白鞘
コメント
: 銘鑑によれば、「駿州島田住輝吉」は初代、天文、駿河、(年紀)天文九。「駿州島田住広助」は義助子、初代、天文、駿河、(年紀)天文十一、永禄二。広助は義助、助宗とともに島田の三傑とたたえられ、特に名作を遺す、とある。本作銘文は、「駿州嶋田住輝吉広助・天文拾四年(1545)六月二日」で輝吉と広助の合作刀とも鑑せられるが、勢力を誇った今川義元(1560年歿)の鍛冶頭として紀年銘を刻むことが出来た島田広助が合作刀で輝吉銘の後に銘を刻すと広助は輝吉より低位となり考えにくい。従い、輝吉と広助は同人、ひとり銘とも考えられる。本作は資料的にも貴重。小田原相州と呼ばれて栄えた島田の覇気ある優品。
価格
: 1,500,000円
KA-0282
KA-0282
KA-0282
Details
高画像刀身
Feb 9, 2020
商品 No. KA-0283
: 濃州上有知之住兼辰作
裏銘
: 慶長十参年八月吉日
時代
: 江戸時代初期
刃長
: 2尺 3寸 9分 9厘 / 72.70 cm
: 美濃国
鑑定書
: 保存刀剣 (交付日:令和元年12月2日)
外装
: 白鞘
コメント
: 濃州上有知之住兼辰(のうしゅうこうずちのじゅうかねとき)は関兼元系の刀工で関に於いて作る時のみ兼元と銘を切るという。上有知藩(こうずちはん)は慶長十六年(1611)まで美濃国武儀郡(現岐阜県美濃市)に存在した藩。本作は、刃区深く残された兼辰作・慶長十三年紀入の銘・鑢目・茎状態抜群の力強い打刀。
価格
: 600,000円
KA-0283
KA-0283
KA-0283
Details
高画像刀身