刀剣松本
CONTACT US
商品検索:

日本刀・刀装具の販売・買取

刀剣

新着情報

Jun 16, 2018
商品 No.
KA-0203
豊後守来國義
裏銘
以南蠻鉄造之
時代
江戸時代前期(寛文)
刃長
2尺 3寸 5分 6厘 / 71.40cm
国 
山城国
鑑定書
保存刀剣 (交付日:平成06年03月16日)
外装
白鞘
コメント
国義は三品系初代信吉(信濃守源信吉)の末弟。生国尾張。寛文末若州小浜に移住。京・彦根・江戸にてもうつ。業物。本作は、鎬造り庵棟、中切先浅く反りが付き、薙刀樋上の棟を卸した刃長2尺3寸5分半の力強い姿。鍛は小杢目詰んで地沸付き鎬地柾目流れる。刃文は沸出来の箱風乱れに飛び焼き、砂流し、金筋入る。彫りは表裏薙刀樋に添え樋。帽子は沸付き直ぐに先丸く返る。茎は生ぶ、勝手下がり鑢、先入山形。鎺は素銅地金着二重鎺。同工作珍しく、棟に鍛え割れ疵あるが、相対的に姿良く出来優れている。
価格
470,000 円
 KA-0203

Jun 16, 2018
商品 No.
KA-0204
無銘(千代鶴)
時代
南北朝時代
刃長
2尺 0寸 8分 9厘 / 63.30cm
国 
越前国
鑑定書
保存刀剣 (交付日:平成16年03月31日)
外装
白鞘
コメント
千代鶴は南北朝期の越前刀工群。山城来国安門で時代は貞治頃の千代鶴国安を祖とする。以後室町期迄続いた。本作は3寸程大磨上された切先伸びごころの南北朝期を遺す姿。刃文は小互の目小丁子乱れ、匂口冴え変化に富み来一門の作風をみる。
価格
360,000 円
 KA-0204

脇指
Jun 16, 2018
商品 No.
WA-0260
筑前住源信國吉貞
時代
江戸時代前期(寛文頃)
刃長
1尺 7寸 8分 5厘 / 54.10cm
国 
筑前国
鑑定書
保存刀剣 (交付日:平成08年03月28日)
外装
白鞘
コメント
筑前信国派は福岡石堂派とともに筑前における二代流派。藩主黒田長政が豊前中津から筑前博多へ移った時に、豊前から筑紫信国派の信国吉貞を召し連れて抱え工としたときに始まる。本作は初代慶長貞吉の三男吉助の子で祖父の名を継ぎ銘字作風が酷似する作左衛門であろう。本作は茎が傷んでいるが長年放置され柄当たりで朽ちこみ錆たことが原因。出来映え小沸出来の直刃を叢なく上手に焼いている。
価格
売却済
 WA-0260

火縄銃
Jun 14, 2018
商品 No.
HIN-0071
無銘
時代
江戸時代
全長
4尺 4寸 1分 5厘 / 133.80cm
銃身長
100.4cm
コメント
三つ巴紋の真鍮象嵌が施された無銘火縄銃。銃身および銃床の状態は良好で時代感漂う。からくり正常に稼働する。
価格
170,000 円

短刀
Jun 11, 2018
商品 No.
TAN-0117
早坂信正
裏銘
平成十七年二月日
時代
平成
刃長
8寸 0分 5厘 / 24.40cm
国 
宮城県
外装
白鞘
コメント
早坂信正(はやさかのぶまさ)刀匠は本名早坂政義。昭和33年生まれ、宮城県加美郡色麻町在住。昭和51年に同郷宮城の八代目・法華三郎信房に入門して作刀を学び、昭和59年に作刀承認を受ける。昭和62年独立、以後受賞入選多数。本作は師の大和伝保昌派の作風を継承した見事な柾目鍛えの短刀。疵欠点がないと思われる優品。
価格
200,000 円

Jun 11, 2018
商品 No.
KA-0199
備中國玉島住平安城源光包作之
裏銘
平成元年二月吉祥日
時代
平成
刃長
2尺 3寸 9分 6厘 / 72.60cm
国 
岡山県倉敷(備中国)
外装
拵入
黒呂色塗鞘打刀拵
コメント
光包刀匠は本名金田勇、大正14年生まれ、同郷の平安城源祐光門、岡山県倉敷市玉島住。本作は、同工64歳円熟期の作。腰反り均整の取れた姿で地鉄詰んで柾に流れ、刃文は匂出来の丁子乱れで足入り小沸付く。鞘を払った重さ996g
価格
400,000 円

Jun 11, 2018
商品 No.
KA-0201
奥州御所住安本吉光作之
裏銘
昭和四十六年七月日
時代
昭和
刃長
2尺 4寸 1分 2厘 / 73.10cm
国 
岩手県
外装
拵入
黒呂色塗鞘打刀拵
コメント
吉光刀匠は本名安本徳治、明治37年、岩手県生まれ。元陸軍受命刀匠で吉原国家・加藤真国・宮入昭平門。優秀賞、努力賞、入選多数。本作は古作を写したと思われる刃文はたらき豊かな威厳漂う打刀。鞘を払った重さ1259g。
価格
400,000 円

Jun 10, 2018
商品 No.
KA-0200
伯州住小林吉永作之
裏銘
昭和辛亥年盛夏吉祥日
時代
昭和
刃長
2尺 2寸 7分 7厘 / 69.00cm
国 
鳥取県(伯耆国)
外装
拵入
黒呂色塗鞘打刀拵
コメント
小林吉永刀匠は本名小林義良、大正9年生まれ鳥取県米子の現代刀匠。入選13回、靖国刀匠の金崎義一助寿門。本作は昭和46年(1971)51歳時作。中切先、身幅あり反り尋常な凛とした姿で、鞘を払った重さ1044g。刃文は小乱れ交じり直刃に小足頻りに入り、葉、打ち除け、喰い違い刃を見る。抜刀、居合のみならず鑑賞刀としてもおすすめ出来る作。
価格
375,000 円

Jun 10, 2018
商品 No.
KA-0202
倣幡磨大掾藤原重高 和宗
裏銘
平成二十五年長月吉日
時代
平成
刃長
2尺 3寸 6分 9厘 / 71.80cm
国 
岐阜県
外装
拵入
黒蝋色塗鞘打刀拵
コメント
和宗刀匠は本名岡本克博、岐阜県加茂郡の現代刀匠で入選多数。本作は江戸前期の越前刀工播磨大掾藤原重高を模した作。鞘を払った重さ1207g。抜刀・居合の稽古向けにおすすめしたい。
価格
400,000 円

脇指
Jun 8, 2018
商品 No.
WA-0255
(菊紋)伊賀守藤原金道(二代)
時代
江戸時代前期
刃長
1尺 7寸 1分 3厘 / 51.90cm
国 
山城国
鑑定書
特別保存刀剣 (交付日:平成30年03月15日)
外装
白鞘
コメント
伊賀守金道(二代)は初代金道長男で江戸前期、山城国刀工。寛永十四年(1637)伊賀守受領。日本鍛冶惣匠となり全国刀工受領の元締めとなる。風車のごとき菊紋を切る。延宝八年(1680)没。業物。昭和42年(壬子みずのえね)「菊花紋有し二代優作の一」と佐藤寒山博士鞘書あり。
価格
450,000 円
 WA-0255

▲このページの最上部へ