刀剣松本
CONTACT US

日本刀・刀装具の販売・買取

ヘッダー画像・Header Image

新着情報

Sep 25, 2020
商品 No. KA-0334
: 若狭国冬広
裏銘
: 天正八年二月日
時代
: 室町時代後期(1580)
刃長
: 2尺 1寸 3分 8厘 / 64.80 cm
: 若狭国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:平成25年8月15日)
外装
: 拵付
: 金刷毛目塗銀箔蛭巻鞘打刀拵
コメント
: 冬廣(初代)は相州広次三代目の子で室町時代の康正(1455-1457)頃に若州小浜に移住したと伝えられ、その名跡は新々刀時代にまで続いた。本作は天正八年(1580)の年紀から高橋五郎左衛門。冬廣一門次広の子。四代藤左ヱ門尉冬廣が備中国松山城主三村元親の招きにより同国に移住後、若州冬廣の名跡を継ぐ(五代)。慶長三年十二月若狭守を受領したが、藩主の京極氏が若狭守であるからこれを憚って慶長年間より私に若狭大掾に改めたという。小浜住。本作は生ぶ茎、冬廣在銘、天正年紀がある慶長新刀最初期の壮麗な姿で地刃の出来が良い。田野邊(探山)先生鞘書きあり「若狭国冬廣 生茎五字銘與天正八年二月日有之以期待有ノ打刀ノ姿態二同工得意ノ作域ナル直刃ヲ焼申候佳品也 惟時癸巳林鐘(2013年夏)探山邉道識(花押)」。絢爛たる金刷毛目塗銀箔蛭巻鞘打刀拵が付されている。
価格
: 1,550,000円
KA-0334
KA-0334
KA-0334
Details
高画像刀身
Sep 25, 2020
商品 No. KA-0336
: 直長作
時代
: 室町時代中期
刃長
: 2尺 1寸 1分 5厘 / 64.10 cm
: 越中国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:令和02年06月25日)
外装
: 拵付
: 黒蝋色磯草塗鞘半太刀拵
コメント
: 直長は越州石塚住(今の富山県福田村石塚)。三代あり、初代直長に応永三年(1396)、二代直長に明応七・八・九・十・文亀元・三年(1498~1503)、三代直長に永正十八・大永三年(1521~1523)の年紀作を遺す。本作の三字銘「直長作」は時代永正頃と極められ三代直長と鑑せられる。希少な直長在銘、古雅な作。時代の生ぶ半太刀拵が付されている。
価格
: 500,000円
KA-0336
KA-0336
KA-0336
Details
高画像刀身
Sep 25, 2020
商品 No. KA-0337
: 氏信
時代
: 江戸時代初期(慶長頃)
刃長
: 2尺 4寸 2分 9厘 / 73.60 cm
: 美濃国
鑑定書
: 特別貴重刀剣 (交付日:昭和48年2月25日)
外装
: 白鞘
コメント
: 氏信は繁栄した岩捲鍛冶代表工。寿命の末流で室町後期大永(1521-1528)の初代より美濃国清水村岩捲住。慶長期(1596-1615)に三代氏信が尾張に移り江戸期に続く。本作は姿から慶長法橋に任ぜられた三代と思われる。茎の状態および地刃共に健全の逸品。
価格
: 650,000円
KA-0337
KA-0337
KA-0337
Details
高画像刀身
脇指
Sep 25, 2020
商品 No. WA-0393
: 薩州住清興入道
裏銘
: 宝永二年三月日
時代
: 江戸時代中期
刃長
: 1尺 2寸 8分 0厘 / 38.80 cm
: 薩摩国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:令和02年06月25日)
外装
: 白鞘
コメント
: 清興(きよおき)は薩州正房門の清行三男。延宝七年(1679)生。鍛錬を好むとともに文筆に励み24歳で備前清光より伝えられた鍛法をしめす文献としての価値ある「鍛冶秘伝記」を著した。26歳で入道し、自現入道、山伏自現坊、快真坊などと銘を切る。宝暦九年(1759)81歳没。業物刀工。本作、宝永二年(1705)清興26歳入道間もない力漲る作。地鉄は良く詰んだ小板目に地沸が付き、刃文は湾れ気味になだらかな互の目、匂深く、小沸に荒沸が交じる。薩摩刀の特徴顕著な重量感ある小脇指。
価格
予約済
WA-0393
WA-0393
WA-0393
Details
高画像刀身
 
短刀
Sep 25, 2020
商品 No. TAN-0168
: 備前国住長船清光作
裏銘
: 永禄十一年二月日
時代
: 室町時代後期(1568)
刃長
: 9寸 6分 7厘 / 29.30 cm
: 備前国長船
鑑定書
: 保存刀剣 (交付日:平成21年08月12日)
外装
: 拵付
: 黒石目地塗鞘小さ刀拵
コメント
: 長船清光は室町時代末期の備前国長船著名刀工。この末備前清光には多くの同銘工があるが、五郎左衛門尉(天文頃)、孫右衛門尉(永禄頃)、源五郎(弘治頃)が優れている。本作は銘振りより五郎左衛門清光の子で、俗名なく多くを作刀した孫右衛門尉清光と思われる。孫右衛門清光はごろ羽左衛門清光と並んで清光中の代表工であり、末備前物中の上手である。刀身彫と拵があり、愛蔵刀として所持したい。
価格
: 500,000円
TAN-0168
TAN-0168
Details
高画像刀身
短刀
Sep 25, 2020
商品 No. TAN-0169
: 守末
時代
: 室町初期
刃長
: 8寸 4分 2厘 / 25.50 cm
: 備前国
鑑定書
: 保存刀剣 (交付日:平成05年02月25日)
外装
: 拵付
: 黒蝋色塗鞘脇指拵
コメント
: 備前長船・室町初期応永頃と極められた本作の守末は、南北朝末期の小反り刀工守光初代の子。黒蝋色塗鞘脇指拵と化粧箱に納められ、刀剣および刀装に保存鑑定書が付された逸品。
価格
予約済
TAN-0169
TAN-0169
TAN-0169
Details
高画像刀身
 
Sep 24, 2020
商品 No. KA-0333
: 固山宗次作
裏銘
: 天保十年正月日 於千住山田五三郎太々土壇拂
時代
: 江戸時代後期(1839)
刃長
: 2尺 0寸 9分 9厘 / 63.60 cm
: 武蔵国江戸
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:昭和59年06月06日)
外装
: 白鞘
コメント
: 固山宗次は享和三年(1803)奥州白河に固山宗平の弟として生まれ、米沢藩士加藤綱英門人となる。後に白河の松平家に抱えられ文政六年(1823)松平家の伊勢転封にしたがい、文政十二年(1829)頃桑名に移住。天保二年(1831)頃江戸に出て鍛刀。弘化二年(1845)備前介を受領し、没年は明治五年(1872)以降70余歳であったと思われる。新々刀期の上々作刀工で備前伝での第一人者と評される。本作は天保十年(1839)宗次36歳気力漲る天保打ち絶頂期の作。菖蒲造りは極めてめずらしく古作写しと鑑せられる。高禄武士が所持したであろう、「於千住山田五三郎太々土壇拂(たいたいどたんばらい)」と截断銘が刻されている。
価格
: 1,650,000円
KA-0333
KA-0333
KA-0333
Details
高画像刀身
Sep 24, 2020
商品 No. KA-0335
: 備州長船祐定作
裏銘
: 天文五年二月日
時代
: 室町後期(1536)
刃長
: 2尺 2寸 4分 4厘 / 68.00 cm
: 備前国長船
鑑定書
: 保存刀剣 (交付日:令和元年08月26日)
外装
: 拵付
: 黒蝋色塗鞘打刀拵
コメント
: 祐定は備前長船の刀工で多数が祐定銘を切る。光忠や勝光らと並んで末備前を代表する名工。一説には祐定銘を切る刀工数は60を超えると言われる。本作に俗名はないが、天文五年(1536)の裏年紀より彦左衛門、与三左衛門尉、次郎九郎、五郎左衛門、源兵衛尉、源左衛門等が考えられる。戦国時代から484年を経て研ぎ疲れは窺えるものの数打ち物ではない品格ある作。寒山先生鞘書あり。黒蝋色塗鞘打刀拵が付されている。
価格
: 450,000円
KA-0335
KA-0335
KA-0335
Details
高画像刀身
脇指
Sep 22, 2020
商品 No. WA-0392
: 近江守源国正
時代
: 江戸時代中期
刃長
: 1尺 6寸 7分 0厘 / 50.60 cm
: 陸奥国中村
鑑定書
: 保存刀剣 (交付日:昭和58年11月18日)
外装
: 白鞘
コメント
: 近江守源国正は会津秀辰門。元禄頃(江戸中期)。中村住のち江戸に移る。本作は鎬造り庵棟、反り深く中切先延びた覇気ある姿。鍛えは詰んだ板目に地景蠢き地沸付く。刃文は焼き刃の安定した沸出来の互の目乱れ。茎上部に独特の切鑢を見る。
価格
: 300,000円
WA-0392
WA-0392
WA-0392
Details
高画像刀身
Sep 21, 2020
商品 No. KA-0329
: (額銘)包真作
時代
: 室町初期
刃長
: 2尺 0寸 9分 6厘 / 63.50 cm
: 大和国
鑑定書
: 特別保存刀剣 (交付日:平成02年07月20日)
外装
: 拵付
: 黒蝋色塗花押銀象嵌鞘打刀拵
コメント
: 包真は大和手掻派。南北朝期(康安二年1362作有)の初代包真は初代包長の子で三代包永の門人という。二代包真は初代包真の子で応永年間の作刀があり、以後六代室町後期の天正(天正二年1574作有)まで続く。本作は大磨上三字額銘「包真作」にて代別は不明ながら、変化に富んだ刃文で、姿や作風に古刀期手掻の特徴がよくあらわれている。龍図金具の重厚な黒蝋色塗花押銀象嵌鞘打刀拵が付されている。
価格
: 650,000円
KA-0329
KA-0329
KA-0329
Details
高画像刀身
Sep 21, 2020
商品 No. KA-0331
: 越前守源信吉
時代
: 江戸時代前期
刃長
: 2尺 0寸 5分 9厘 / 62.40 cm
: 山城国
外装
: 白鞘
コメント
: 越前守信吉は三品系山城初代信濃守信吉の三男。信吉各代に於いて最も優れる技量を持つと言われる。本作は同行が得意とする詰んだ小板目鍛えの直刃作。生ぶ茎で刃長2尺0寸6分の大刀は特別な注文によるものと思われる。
価格
: 200,000円
KA-0331
KA-0331
 
Details
高画像刀身